発泡エラストマ塗布装置「ペンギンフォーム」導入

技術情報

上田プラスチックは、プラスチック及びプライマー処理された金属部品に塗布し、防水・防塵・防振を可能とするサンスター技研株式会社製の発泡エラストマ無定形シール材塗布装置FIPG「ペンギンフォーム」を新規導入いたしました。

【発泡エラストマ塗布装置概要】

ペンギンフォームシステムは発泡装置「FOAMPLY」を使用し、空気をペースト状の材料に均一に混合させ る事で発泡し、塗布ロボットにてプログラムした形状に自在に塗布する事ができる発泡エラストマシステムです。

発泡装置「FOAMPLY」概要

化学反応による発泡と異なり有毒ガスの発生が無い為、環境汚染が無く 又、定型シール材に付き物の 廃棄物の削減が可能となる為、環境にやさしい加工方法です。

【ペンギンフォームの特徴】

1液ウレタンペースト材料「PENGUIN FOAM」は材料に添加された硬化剤により80℃に加熱すると瞬時に硬化、 ゴム質の弾性体となります。

発泡状態は他の工法による連続発泡体と異なり、微細な均一独立発泡(マイクロセル)の為、防水性に優れます。

弊社成形品に塗布する事で防水・防振・防塵の機能を付加する事はもちろん、支給いただいた部品に加工する事も可能です。

ペンギンフォームの特徴

【お客様のメリット】

金型・抜き型を使用した定形型のシール材に比較し、材料費の削減 及び組立加工費の削減効果が狙え、 廃棄物削減、工程の合理化でトータルコスト削減につながります。

「ペンギンフォーム」の加工についてはお気軽に弊社へお問合せください。

カテゴリー

アーカイブ